FC2ブログ

花笑み*マイ・フェイバリット

ワンコと映画と演劇と音楽と本とおいしいものと… 好きなもの、お気に入りのものについて書いていきます。

Top Page › music › 名フィル 定演「冬の日の幻想」
2010-01-24 (Sun)  16:12

名フィル 定演「冬の日の幻想」

名フィル 定演365回「冬の日の幻想」

武満徹:ウィンター
R.シュトラウス:4つの最後の歌 AV.150*
チャイコフスキー:交響曲第1番ト短調 作品13『冬の日の幻想』

[指揮]ダグラス・ボイド [ソプラノ]平松英子

1月23日(土)愛知県芸術劇場コンサートホール
------------------------------

ボイドさんは元オーボエ奏者で、すでに海外で指揮者としての評価を得ている方
だそうだが、私は今回が初めて。

1曲め、武満徹「ウィンター」
武満の作品といえば「ノヴェンバー・ステップス」だ。
きっとこれもあんな感じで、ハードな、独特の難解な世界だろう…と思ったのだが、
そうでもなかった。
1971年札幌オリンピックのために作曲された作品だそうだ。
銀一色のピーンと張り詰めた空気、キンキンに冷え切って、雪の解ける音や
氷のきしむ音までが響いて聞こえるような、清浄で荘厳なキラキラ空間の雰囲気が
伝わってくる小品。なかなか印象的で素敵。

ボイドさんは、縮小版ではない、でっかいスコアを置いて、ベラベラとめくっていた。
これは、初めて見ました(^^;

2曲目、平松さんの独唱であるが、オーケストラを相手に、ナマ声で負けないというのは
めっちゃ大変なことであるのは想像にかたくない。
しかしながら、席のせいかもしれないが、オケにかき消されている。
可憐な声質は美しいが、高音が逃げてしまうようで、低音もあまい感じがしたが、
立ち位置のせいか、体調のせいか、あるいは、オケとのバランスミスか、
そこは素人の私にはわからないけど。
「魔笛」のパミーナでデビューされた方らしい。それ相応の実力がある方なのだろうに、
この日は十分に聴けず、残念だった。

3曲目、メインのチャイコフスキーの交響曲1番。
これは前に聴いたおぼろげな記憶では、もっとザワザワワワ…ワサワサワサササ…
という印象だったように思うのだが、ぜんぜん違ってた。
もっと、明確で、意思的で、くっきりとした印象だ。
人の記憶なんて、こんなもんか(^^;←ていうか、私の記憶力のせい

ボイドさんは、ロマンチックとアグレッシブがうまい配分で同居しており、
なかなか素晴らしい解釈の演奏だったと思う。
(途中一度、あれ?と違和感あったけど、私程度の鑑賞力なのでよくわからん)
会場は大喝采で、6度だったか、7度だったか、呼び戻しの拍手。

さて、今回、席環境がso bad・・・でした。
いや、位置は、1階右サイド真ん中あたりのS、音はいいのだが、
お隣の老紳士の鼻息と、後ろのおばちゃん3人組のやんややんやと、
なんちゅうか、まあ、こればっかりは仕方ないことだけど。

でも、弦はよく鳴っていたように思った。
C党さんとこを読んで気付いたが、そう、オケの並びがいつもと違ってた。
それから、この日のコンマスは日比さんではなくて、後藤さんだった。
て、別に、だから何ってことはないのだけど、メモ。


スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

No title * by 珈琲党
「ブログを楽しみしてます」って書いた頃には、
既にアップ済みだったんですね。
指揮のボイドさんの印象は、やはり良かったようですね。
指揮のせいだけではないでしょうが、私は、名フィルじゃない
といわれれば信じてしまうような、いつもと違った感じが
しました。コンマスの後藤さん、久しぶりかも。

No title * by 美月
そうそう、いつもと違う、まさにそれでした(^^;
レスポンスがよいというか、クリアというか。
やはりボイドさん効果…??
で、書き忘れましたけど、そちらのコメントにあったように、
ホルン、よかったですね。それとフルートも(^^
コバケンさんの演歌チャイコ、私も楽しみです♪

No title * by めーちゃん
座席よりホールの音響ではないですかね。
大味なんで、そこまで分析できません。

Re: No title * by 美月
ここは本格的ないいホールなんですよ、
まだ新しいし。
まあ、コンディションのあれこれなんでしょうね。

よろしく * by 珍言亭ムジクス
こんにちは
コンマスが後藤さんだったからチューニングで管と弦を分けたのでしょうかね?

いろんなことを記事にされており、内容も文章も参考になります。
トラックバックしますので、よろしくお願いします。

さて、明日は美月がN響アワーを聴いて断念した、私は大好きなショスタコーヴィチの交響曲10番を聴きに行きます。(セントラル愛知交響楽団:愛知県芸術劇場コンサートホール)

訂正です * by 珍言亭ムジクス
トラックバックじゃなくてリンクでした。
よろしくお願いします。

Re: よろしく * by 美月
リンク、ありがとうございます!
こちらからもいただきに行ってもよろしいでしょうか(^^

>ショスタコーヴィチの交響曲10番を聴きに行きます。(セントラル愛知交響楽団:愛知県芸術劇場コンサートホール)

おお!そうですか。その記事も楽しみです~♪

どうも * by 珍言亭ムジクス
リンクお願いします。
そうそう、呼び捨てになってました、すみません。

ショスタコーヴィチはオラトリオ「森の歌」やピアノ五重奏曲、祝典序曲あたりかた入っていくといいと思います。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

「ブログを楽しみしてます」って書いた頃には、
既にアップ済みだったんですね。
指揮のボイドさんの印象は、やはり良かったようですね。
指揮のせいだけではないでしょうが、私は、名フィルじゃない
といわれれば信じてしまうような、いつもと違った感じが
しました。コンマスの後藤さん、久しぶりかも。
2010-01-24-17:31 * 珈琲党 [ 返信 * 編集 ]

No title

そうそう、いつもと違う、まさにそれでした(^^;
レスポンスがよいというか、クリアというか。
やはりボイドさん効果…??
で、書き忘れましたけど、そちらのコメントにあったように、
ホルン、よかったですね。それとフルートも(^^
コバケンさんの演歌チャイコ、私も楽しみです♪
2010-01-24-19:04 * 美月 [ 返信 * 編集 ]

No title

座席よりホールの音響ではないですかね。
大味なんで、そこまで分析できません。
2010-01-24-23:42 * めーちゃん [ 返信 * 編集 ]

Re: No title

ここは本格的ないいホールなんですよ、
まだ新しいし。
まあ、コンディションのあれこれなんでしょうね。
2010-01-25-13:05 * 美月 [ 返信 * 編集 ]

よろしく

こんにちは
コンマスが後藤さんだったからチューニングで管と弦を分けたのでしょうかね?

いろんなことを記事にされており、内容も文章も参考になります。
トラックバックしますので、よろしくお願いします。

さて、明日は美月がN響アワーを聴いて断念した、私は大好きなショスタコーヴィチの交響曲10番を聴きに行きます。(セントラル愛知交響楽団:愛知県芸術劇場コンサートホール)
2010-01-28-13:23 * 珍言亭ムジクス [ 返信 * 編集 ]

訂正です

トラックバックじゃなくてリンクでした。
よろしくお願いします。
2010-01-28-13:30 * 珍言亭ムジクス [ 返信 * 編集 ]

Re: よろしく

リンク、ありがとうございます!
こちらからもいただきに行ってもよろしいでしょうか(^^

>ショスタコーヴィチの交響曲10番を聴きに行きます。(セントラル愛知交響楽団:愛知県芸術劇場コンサートホール)

おお!そうですか。その記事も楽しみです~♪
2010-01-28-19:36 * 美月 [ 返信 * 編集 ]

どうも

リンクお願いします。
そうそう、呼び捨てになってました、すみません。

ショスタコーヴィチはオラトリオ「森の歌」やピアノ五重奏曲、祝典序曲あたりかた入っていくといいと思います。
2010-01-28-19:54 * 珍言亭ムジクス [ 返信 * 編集 ]