TOPスポンサー広告 ≫ 「しゃばけ」畠中恵TOPbooks ≫ 「しゃばけ」畠中恵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「しゃばけ」畠中恵

この本、ずーっと前から持ってて、手ごろな厚みなので、
いっしょに新幹線に乗せて西に東にと何度も連れてった。
が、読めてなかった。
だいだい、出張帰り?のおじさまたちが、豊橋のちくわなんぞを買って、
ビールをプハーッ!とやってるのがいけない。生唾が出てくるではないか。
(さすがに一人新幹線でビールをグビグビ、なんてことはやりませんが。
 そこまでオヤジにはなってないつもり)
で、マカオまで連れていき(^^;やっと帰りの飛行機で少し読み、
その流れでついに完読できた一冊。

読み始めると、とってもおもしろいではないか!
やはり誰もが絶賛するだけのことはある(^^
TVのドラマ化2本もあえて無視して、本から読んでよかったな。
近頃、時代もので、ミステリで、ファンタジーというジャンルの作品が
増えてるかんじがするけど、和製ハリポタみたいで、
最初から最後までしっかりエンターテイメント。楽しませてもらった。

ヤナリくんは、ホルモーのオニとともに、うちにも数匹?数人?
ぜひとも常備しておきたいもの(^^v

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
(2004/03)
畠中 恵

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Comment

編集
うん、ドラマは無視していいと思う(爆)
あれはあれで別物という感じで。
個人的には、なんとか大賞をとったこの第一作より
その後に出てくる短編集たちのほうが好きかなー。
この間のドラマは、長編のを使ったみたい。
鳴家はホント、1人ほしいわん♪
2009年01月25日(Sun) 16:54
編集
>ドラマは無視していい
そう?(^^;
キャストは、若だんな以外はなかなかよさげだったようだけど、
いやいやまずは読むべし!と見なかった(^^
その次の短編集も買ってあるよー、まだ読めてないけど。

鳴家もだけど、ホルモーのオニも、きっとほしくなるよ~(^^v

で、やっぱ、カウントは「人」??
2009年01月25日(Sun) 22:48
編集
トラックバックさせていただきました。
「おそろし」、「ばかもの」と合わせて
トラックバックお待ちしています。
2009年10月03日(Sat) 18:19
編集
>藍色さま
ちょっとご無沙汰してます(^^
TBありがとうございました!
のちほどお返しします~
2009年10月06日(Tue) 21:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

しゃばけ 畠中恵
大店の若だんな・一太郎は、めっぽう体が弱い。 なのに猟奇事件に巻き込まれ、仲間の妖怪と解決に乗り出すことに。 再読。可愛い鳴家、犬...
2009年10月03日(Sat) 17:40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。