FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 大エルミタージュ美術館展TOPart ≫ 大エルミタージュ美術館展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

大エルミタージュ美術館展

7月6日
愛知県美術館

大エルミタージュ展-ビジュアル m

エルミタージュ美術館は超広大、
小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュ、
エルミタージュ劇場、冬宮殿、この5つの建物で構成されている。
コレクションは約1万7千点、全部見て回るには数日かかるそうだ。

thumb-eka m
もともとはこの方↑エカテリーナ2世の私的コレクションであったもの。
(今回、この肖像画は写真を撮ってよいことになっている)
ドイツの小貴族に生まれ、16歳でロシアに嫁ぎ、先帝が亡くなると
機を逃さず軍を率いてクーデターを起し、夫を殺害して皇帝になった、
かなりこわ~いお方。
特に芸術に造詣が深かったわけではないが、ロシアの国力を外に誇示する
ためにどんどん大人買いでコレクションを増やしていったらしい。
やがては波乱万丈な人生を歩んだ孤独な女帝の癒しの場となったという。

今回展示されているのは、16~17、18世紀のルネサンス~バロック・ロココ
の「オールドマスター」の85点。

ポスターにもなっている有名な「盗まれた接吻」は思ったよりも小さかった。
某雑誌の毎年1月号付録の今年のカレンダーになっているのを日々見ていて、
もっと大きなものだと思っていたのだが、実物は
他の作品の中にあると「小品」的なサイズだ。
しかし秘事の一瞬を写真のように捉えた動きと緊張感のある絵で、
会場の中でももっとも目を引く力のある一枚だった。

他にもバロック系の名作中の名作というものがたくさん並んでいて、
これを直に見るチャンスなどそうあるものではないのだから、
もっとじっくり見てくればよかったなあ…と後で思ったが、
どれも重厚、濃密、みっちり感(←どれもいっしょ(^^;で
お腹いっぱいになってしまった。。。

見ているうちに疲れてしまうんだよね。
美術展も体力勝負だなあ・・・・・



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。