FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 「魔笛」あいちトリエンナーレ2016オペラTOPmusic ≫ 「魔笛」あいちトリエンナーレ2016オペラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「魔笛」あいちトリエンナーレ2016オペラ

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ
モーツァルト作曲『魔笛』

【指揮】 ガエタノ・デスピノーサ
【演出・美術・照明・衣裳】 勅使川原 三郎

9月17日(土)愛知県芸術劇場 大ホール

毎年この時期にある名古屋発のオペラを楽しみにしている♪
今年は「魔笛」
あまりにも有名なオペラで、好きなオペラランキングなら必ず上位に
入るであろうこの演目だが、今回の演出は新しく個性的なものになっていた。

ダンサーとして著名な勅使川原さんによるもので、バレエが斬新。
東京バレエ団のトップダンサー16人が、人間の内面を描き出すダンスを
終始展開し、演出によっては“楽しいもの”にもなる「魔笛」の、芸術性・
文学性を高めていたと思う(ダンスの好き嫌いはあるだろうが)

そして、ダンサーの佐東利穂子さんが、日本語のナレーションを入れて
進行役を担当していくのも初めてのこと。
(これも好き嫌いはあるだろう。ストーリーがよくわかるとも言えるし、
要らない、邪魔だと思う人もいるだろう)

舞台の大道具は大小の金属のリング(10本くらい)のみ。
あとはダンスと照明で、その場の背景を演出していく。

衣装がとても個性的。
三人の童子は、フワフワにふくれた被り物で登場。
私は「ピッピだ~」と思った。
「カビゴン」だと言う声もあった。
まあ、そういう感じで、かわいい、というか、おかしい♪

モノスタトゥスや弁者・神官なども、上から下までストンとした被り物で
アンドロイドロボを思わせる移動。(歩いているんだけどね)
意表を突く滑稽感。
ディズニ―映画のアリスとか、チョコレート工場とか、そういう感じ。
モノスタトゥスはそこに手だけ巨大で、好色をイメージしているのかな?
賢者ザラストロの移動も滑るもので、こちらは超越感を表しているのか?

夜の女王:高橋維さん、素晴らしい。余裕の高音。
うちのじいやはもっと力強いのが好みだと言ってたが、あの細さ・美しさで
あの声は期待を超える喜び。
ザラストロ:妻屋 秀和さんは言うまでもなく、
タミーノ:鈴木准さん、パミーナ:森谷真理さん、パーフェクト、
他の方たちもみなさん言うことなし。

中でもこの日、いちばん素晴らしかったのが、パパゲーノ:宮本益光さん。
ちょっとオツムの弱い若者の純朴を愛らしく演じ、なおかつ共感を奪って
いった。パパゲーノ、がんばれー!って思った。
で、ついに現れたパパゲーナ:醍醐 園佳さんの、なんて可愛かったこと!

オペラは歌唱力だ、美貌とか若さとかは、いいのよ、という暗黙了解もあるが、
やっぱり、役相応の、若々しい体型と愛らしさを備えていることは
大切だと思う私である。
今回はその点においても期待を上回るものでした。
大満足です。

operaleaflet m

賢者ザラストロ:妻屋 秀和
夜の女王:髙橋 維
王子タミーノ:鈴木 准
王女パミーナ:森谷 真理
鳥刺しパパゲーノ:宮本 益光
弁者&神官Ⅰ:小森 輝彦
恋人パパゲーナ:醍醐 園佳
侍女Ⅰ:北原 瑠美
侍女Ⅱ:磯地 美樹
侍女Ⅲ:丸山 奈津美
従者モノスタトゥス:青栁 素晴
神官Ⅱ:高田 正人
武士Ⅰ:渡邉 公威
武士Ⅱ:小田桐 貴樹
童子Ⅰ:井口 侑奏
童子Ⅱ:森 季子
童子Ⅲ:安藤 千尋

【ダンサー】 佐東 利穂子、東京バレエ団
【合唱】 愛知県芸術劇場合唱団
【管弦楽】 名古屋フィルハーモニー交響楽団


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
こういう古典は、解釈が分かれるんで、
それが面白味であり
批判の的にもなるわけですね。
2016年09月19日(Mon) 10:22
編集
演出家の個性と力量の見せ所ですからね、
見応えがあって楽しいです。
2016年09月20日(Tue) 16:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。