FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 『阿弖流為』 シネマ歌舞伎TOPcinema ≫ 『阿弖流為』 シネマ歌舞伎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

『阿弖流為』 シネマ歌舞伎

歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉

月イチ シネ歌舞伎、今月は新作、
2015年7月新橋演舞場で上演された歌舞伎NEXT『阿弖流為』。
劇団☆新感線:いのうえひでのり×中島かずきコンビの作品。
新感線の舞台では、染五郎さん・堤真一さん・水野美紀さんで演じられた。
こちらは染五郎・勘九郎・七之助という歌舞伎界若手実力派の配役で、
歌舞伎独自の様式美、醍醐味、独特の臨場感、躍動感が存分に
味わえる新たな魅力ある舞台となっている。

aterui_chirashi_Sresize2 m

北の民:蝦夷(えみし)は国家統一をめざす大和朝廷に攻め込まれていた。
そこに、かつて一族の神に背いて追放された阿弖流為が、恋人の
立烏帽子(たてえぼし)と再会して共に戻り、蝦夷を率いて立ち上がる。
一方の朝廷は征夷大将軍に若く人望の厚い坂上田村麻呂を据え、
戦火は更に激化していく。
民を想う互いの義を認め合い、友情と呼んでよい感情を抱いていく二人
だが、戦いはやがて決着をつけねばならぬ局面へと突き進んでいく・・・・・

実に「いのうえ歌舞伎」らしい、正義と、愛と、友情と、そして抗うことのできない
不可避の運命と、、、、という怒涛の展開だ。
ドラマチックな舞台を、実力派で個性あふれる三人が大迫力で演じるので、
ずーっとドキドキハラハラ、感動が止まらない。泣ける!必見!


阿弖流為 : 市川 染五郎
坂上田村麻呂 : 中村 勘九郎
立烏帽子/鈴鹿 : 中村 七之助

蛮甲 : 片岡 亀蔵
御霊御前 : 市村 萬次郎
藤原稀継 : 坂東 彌十郎
坂東 新悟、大谷 廣太郎、中村 鶴松、市村 橘太郎、
澤村 宗之助 など

名古屋ミッドランドスクエアシネマにて

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
アイヌから見たら日本史は侵略の歴史なんですかね?
勘三郎さんのお子さん方が主役を張る時代になってきましたねえ。
劇団☆新感線は、けっこうおもしろいと聞いています。
私はスピ系なのでガネーシャ役の古田新太?ですかねえ。
2016年06月29日(Wed) 06:34
No title
編集
歴史と言えば、侵略の繰り返し、ですものねー。
劇団☆新感線、とってもおもしろいですよ~♪
めーちゃん、地元だから(新幹線代がかからない)ぜひ!
2016年06月29日(Wed) 17:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。