FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 「我が家のヒミツ」奥田英朗TOPbooks ≫ 「我が家のヒミツ」奥田英朗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「我が家のヒミツ」奥田英朗

奥田さんの作品は辛口のものや社会派のものなど、多岐にわたるが
これは読後にほのぼのと心あたたまる「いい話だなぁ…(*´ω`)」
という一冊。
----------------
どこにでもいる平凡な家族のもとに訪れる、かけがえのない瞬間を描いた『家日和』『我が家の問題』に続くシリーズ最新作。
笑って泣いて、読後に心が晴れわたる家族小説。
----------------Amazonより

「虫歯とピアニスト」
子どもができないことに悩んでいる主婦が夫の真心を知るまで。
「正雄の秋」
昇進レースに敗れ、人生に戸惑うサラリーマンが様々な思いやりに気付く。
「アンナの十二月」
16歳になりセレブの実の父親に会いに行った少女が、育ての父の愛を悟る。
「手紙に乗せて」
妻を50代で亡くし、意気消沈した父親を見守る兄妹と周囲の人々。
「妊婦と隣人」
なんかアヤシイ隣人。図らずも公安警察に協力することになった妊婦の話。
「妻と選挙」
福祉問題に開眼し、突如、市議会に出ると言い出した妻をサポートする夫の愛。

6作が、どれもこれも素晴らしい!!読むべし!



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
芥川を読んだとき
こういう短編ばかりはイイ。

思ったのと似てます。
2016年06月14日(Tue) 06:01
No title
編集
いい短編って、「さすがっ!!」って思いますよね(^^
2016年06月14日(Tue) 15:48
No title
編集
『家日和』『我が家の問題』
この2冊は読んだので 「我が家のヒミツ」も読んでみますね~
図書館49人待ち でも5冊あるから 10人待ちになるのかなあ
2016年06月14日(Tue) 17:41
No title
編集
前二作をすでにお読みなんですね(^^
では、こちらもぜひ!
私、今、まかてさんの「先生のお庭番」読んでます~♪
nonさんの書評を読ませてもらって文庫を買っていたのですが、
なかなか読む順番がこなくて。
本を読みだすと時間を忘れるので、家事が滞ります(^^;



2016年06月14日(Tue) 18:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。