FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 『オペラ座の怪人』劇団四季・名古屋TOPtheatergoing ≫ 『オペラ座の怪人』劇団四季・名古屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

『オペラ座の怪人』劇団四季・名古屋

1月28日 名古屋ミュージカル劇場にて

1999年から18年にわたり楽しませてもらった伏見の「ミュージカル劇場」は
この「オペラ座の怪人」で終わりになる。
2016年秋からは、名駅南に新しい「四季劇場」が「リトル・マーメイド」で
オープンする。ちょっと場所が今より不便になる。
というわけで、見納めです。

「ファントム」は音楽も大好きだし、ストーリーも大好きだし、
私の中で最後は涙(TT)というのがすり込みされている。
今回のファントムは芝さんで、芝さんは「いつかファントムがやりたい」と
ずっと熱望してきたと公言されているだけあって、かなり力が入っている。
その入れ込みようは賛否両論?という声も聞いた、
でもやっぱり、毎度のように感動しました(TT)
最後は悲しいわ(TT)切ないわ(TT)哀れだわ(TT)
どんなに愛しても、どんなに相手に尽くしても、受け取ってもらえない愛。
でも、どんなに愛してくれているかわかっていても、それでも
他に大切な愛があるのよ、ごめんね、ファントム。
孤独に生まれつく運命、、、かなしいよね・・・・(TT)

さて、この日は、終了後、「四季の会」のバックステージツアーがあった。
いつもは遠くからしか見られない装置や道具、舞台裏など、いろいろ見られて
楽しかったです♪
MCの劇団の方たちもおもしろかった。ありがとう♡

ファントム:芝 清道
クリスティ―ヌ:久保 佳那子
ラウル:鈴木 涼太

thum_150 m thum_050 m
(劇団四季サイトより)



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。