FC2ブログ

花笑み*マイ・フェイバリット

ワンコと映画と演劇と音楽と本とおいしいものと… 好きなもの、お気に入りのものについて書いていきます。

Top Page › Archive - 2009年07月
2009-07-31 (Fri)

「オリンピックの身代金」奥田英朗

「オリンピックの身代金」奥田英朗

奥田英朗さんと言えば、「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」「サウス・バウンド」など、軽い笑いの中にこめられた、斜めの視点とシュールな社会風刺の作風をまず思い浮かべるが、シリアスな作品がなかったわけではない。これは、奥田さんの、本格的ミステリ作品である。ナナメではない。まっすぐ社会を見据えている。これまで奥田作品を読んでこなかった人にもぜひ一読してみてもらいたい一作だ。オリンピックの身代金(2008/11/2...

… 続きを読む

奥田英朗さんと言えば、「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」「サウス・バウンド」など、
軽い笑いの中にこめられた、斜めの視点とシュールな社会風刺の作風を
まず思い浮かべるが、シリアスな作品がなかったわけではない。
これは、奥田さんの、本格的ミステリ作品である。
ナナメではない。まっすぐ社会を見据えている。
これまで奥田作品を読んでこなかった人にもぜひ一読してみてもらいたい一作だ。

オリンピックの身代金オリンピックの身代金
(2008/11/28)
奥田 英朗

商品詳細を見る

(以下、ネタバレだと思われる方もあるかもしれませんので、ご注意を)

昭和39年、夏~秋。日本中が東京オリンピックに沸き立つ中、
「もはや戦後ではない」を合言葉に、オリンピックの成功は国家プロジェクトであった。
誰もが成功を願って、開催準備に励む中、それに反逆を企てた男がいた。

少し読めば、間もなく、一人の人物が浮かび上がる。
作品は犯人探しを目的としていない。
東北の寒村で貧しい農家に育った島崎国夫。
東大・経済学部でマルクス経済学を研究する大学院生だ。
当時の、「東大」の、「院生」といえば、今とはケタの違うエリートである。
しかも、生まれついての優秀さ、思慮深さ、美しいルックス。
彼は、そのまま、世の中を見て見ぬふりをして、成功者としての生活を
手に入れることができたはずなのだ。
そもそも、オリンピックの阻止なんて、できようはずもなかったものを、
不可能なことは誰の目にも明白で、誰もそんなことを願ってもいなかったものを、
なぜ彼はそうしなければならなかったのか。
彼にたったひとりの反逆を決意させるに至ったものはなになのか。

国夫とは対照的な、絵に描いたようなエリート世界にのんきに生きてきた
東大の同期生の須賀忠。
国夫と同じ庶民階級でありつつ、国夫とは同じ世界には組みしない古本屋の娘。
国夫を追う刑事の落合昌夫。
そして、戦火に息子をなくし、おちぶれた初老のスリの村田。
作品は、完璧な人物設定と、堅牢な構成で、ぐいぐいひきつけて読ませる。

今よりも、もっと公然と、露骨に、「格差」があたりまえに存在していた時代。
今よりもっと「カンケーないね」的な意識が浸透していた時代。
「知らない」ことが公然と許されていた時代。
国夫も「カンケーねぇし」と思えればよかったのに。
ある意味、国夫ともっとも近い世界を生きる、もっとも共感できる立場にいる
落合の職業判断において、作品は悲劇的な幕を落とす。
オリンピックは大成功。
そのかげに、数えきれな無数の「島崎国夫」がいたことを思って、
涙が止まらないラストである。

奥田作品は皮肉の中にも、社会の片隅で、ひっそりと、けなげに、いとおしく生きる
人々へのあたたかなまなざしが、その魅力であるが、今作においてもそれは
不変である。
なにか、「そうしなければならない」運命に見据えられてしまったような、
そんな生き方の人たちがいる、と思う。





スポンサーサイト



2009-07-31 (Fri)

「白雲の彼方へ―異聞・橘耕斎―」山上藤吾

「白雲の彼方へ―異聞・橘耕斎―」山上藤吾

小説宝石新人賞最終選考作品となった中編を、選者・奥田英朗氏のすすめによって長編化したもの。長編と言っても適度なボリュームで、スルスルと読み進められ、入念な取材と史実に基くダイナミズムにあふれ、読み応えある力作。白雲の彼方へ(2009/02/20)山上籐吾商品詳細を見る尊王・攘夷・開国と揺れる激動の時期の日本、静岡・掛川藩の武士、増田甲才(のち橘耕斎)は、文武に優れ、藩校において知識と技術を磨く部屋住みの若者で...

… 続きを読む

小説宝石新人賞最終選考作品となった中編を、選者・奥田英朗氏の
すすめによって長編化したもの。
長編と言っても適度なボリュームで、スルスルと読み進められ、
入念な取材と史実に基くダイナミズムにあふれ、読み応えある力作。

白雲の彼方へ白雲の彼方へ
(2009/02/20)
山上籐吾

商品詳細を見る


尊王・攘夷・開国と揺れる激動の時期の日本、静岡・掛川藩の武士、
増田甲才(のち橘耕斎)は、文武に優れ、藩校において知識と技術を磨く
部屋住みの若者である。
ストーリーは、甲才の幼馴染・板倉与一郎と、その妹・奈津、そして
生来相容れない宿敵・青木主馬らによって展開していく。

1854年、開国要請に来ていたロシア艦船・ディアナ号が、安政の東海大地震
による津波被害で破損、曳航中に沈没、戸田港にて再造船されることになる。
ここに、全国から、その技術や世界の動向、海外の知識、新しい風、
またとないチャンスを求めて、前途有望な、有能な人材が集まってくる。

時に掛川藩は、攘夷と開国の二派に分裂中、開国派の父を持つ甲才も
「あらゆることを見てこい」という派閥の特命を受け、戸田にやってくる。

甲才は、ここで、若き桂小五郎や勝海舟、またロシア提督・コシケヴィチ、
その他、優秀な大工たちや、自由な心にあふれる村民など、広く開かれた
新鮮な世界に初めて触れ、世の流れを知り、見聞を広め、深めていく。
いわゆるノンポリであった甲才だが、ここにおいて、
開国だ、攘夷だと言っても、しょせん、権力争いにすぎないこと、
形骸化し、メンツだけにこだわり続ける「藩」「武士」とは何なのか、
もっと自由な視点で世界に目を開くこと、様々な価値観を取り入れること、
多様な思考を身につけること、新しい「時」を実感し、自覚すること、
・・・それらを深く考え、その重要性を見知っていく。

しかし、掛川藩では開国派が失脚、甲才は「脱藩」の罪を問われ、追手が
差し向けられることになる。それは、与一郎と、主馬、この二人だった・・・


自分は何者なのか、何ができるのか、どんな価値があるのか、
何をすべきなのか、何のために生きているのか、生きるべきなのか、
激動の時代の中でそれらを否応なしに熟考することになる甲才。
その潔く清廉な強い生き様が大きな感動を呼ぶ。
こういう時代に生きた人は、すごいなーーと思うのだが、しかし、ある意味、
このいろいろわかってしまっていて、なんだか意味のつかめない現代よりも
幸せだったかもしれないと思ったりした。
波乱万丈、激動の人生というのは、本人はたいへんだが、衆人には感動であり、
常に凡人のあこがれであるのだ。

掛川市近くに住んでいたことがあるので、地理もよくわかり、親近感を持って
読んだ。表紙絵の甲才さんもなかなかかっこよくてステキ(*^^*なのだ。



ほんと!イケメンですね。 * by 波那
ご無沙汰しています。
わが地元の歴史ともかかわる歴史小説なのですね。

>開国だ、攘夷だと言っても、しょせん、権力争いにすぎないこと、
形骸化し、メンツだけにこだわり続ける「藩」「武士」とは何なのか、

どきっとしました。
その慧眼は主人公のそれであり、美月さんのものでも
あるのですね。
歴史小説はなんとなく遠いのですけれど
ご紹介いただくととても魅力的ですね。
ありがとうございました☆


Re: ほんと!イケメンですね。 * by 美月
こちらこそ、いつも読み逃げで、スミマセンですぅ。

実際の甲才(耕斎)さんがどんなお方だったかはわかりませんが、
このイメージでいくと、かなり、玉木くん風イケメン、ですね~(^^v

「慧眼」などと言っていただくと、背中がかゆい感じで、恐れ多いですが、
歴史小説も、フィクションというか、作家の視点が入りこんでますから、
読むとおもいろいですよ~ 
ぜひ一度!



2009-07-27 (Mon)

佐渡裕プロデュースオペラ「カルメン」

佐渡裕プロデュースオペラ「カルメン」

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2009「カルメン」7/25(土)愛知県芸術劇場大ホールにて。今公演は、兵庫、東京とやってきて、名古屋が最後の2回。全15公演というハードスケジュールだ。キャストはA、Bの2パターンあり、ふたつ観たいところだが、なんといってもドン・ホセを大好きな佐野成宏さんがやるBキャスト!ということに決定。(A公演は、海外招致のホセ&カルメン)今回は「オペラ・コミック版」で、フランス語のセリフ...

… 続きを読む

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2009「カルメン」
7/25(土)愛知県芸術劇場大ホールにて。

今公演は、兵庫、東京とやってきて、名古屋が最後の2回。
全15公演というハードスケジュールだ。
キャストはA、Bの2パターンあり、ふたつ観たいところだが、なんといっても
ドン・ホセを大好きな佐野成宏さんがやるBキャスト!ということに決定。
(A公演は、海外招致のホセ&カルメン)

今回は「オペラ・コミック版」で、フランス語のセリフもある難しい舞台(だと思うよ)

IMG_0331.jpg

誰もが知っている「カルメン」、誰もがその曲目のメロディを口ずさむことのできる
「カルメン」、しかし実は、知っているようで知らないことの多い「カルメン」である。
社会的な視点からの写実やストーリーのリアリズム、旧スペインにおける
人種的な(細かい)対立や差別意識などの問題・・・などなど、なかなか奥の
ふかーい「カルメン」であるのだが、そこを書いていると長くなるので省略(^^

「光かがやくテノール」佐野成宏さんのドン・ホセが素晴らしい。
林美智子さんのカルメンもとてもよかった。
林さんは素が美人だし、ちょっと流れるような声質のメゾソプラノが色っぽく、
また、お姿も実際色っぽく、魅惑的で、カルメンにぴったり。

ストーリーは、マジメ男の軍人ドン・ホセが、妖艶な美女のカルメンにぞっこんで
身を落とし、密輸団の一味となりはて、あげくのはてには、イケメン闘牛士の
エスカミーリョにうばわれて、ストーカーとなり、カルメンを殺してしまう、
と言ったことになるのだが、そんなに悲劇性に満ちたものではなくて、
カルメンのいい女っぷりに魅了された3時間半だった。

もちろん、ホセはあわれで、特に4幕の、
みんなが闘牛を楽しんでいる、「トレアドール」の歌声が響いてくる、
その裏庭で、カルメンに泣きつき、フラれ、残虐な行為にいたる男の哀愁は
シミジミと身にしみたのだけど、けど、ホセは「カルメンを愛して悔いなし」
だったんではないかと思わせる説得力があった。

それはカルメンが、ただの性悪、尻軽女、ではなくて、
生来の奔放な情熱家で、自分の恋情に素直に行動しているだけの、でも
それが罪作りになってしまうという、愛すべきカワイイ女として描かれており、
それを林さんが見事に演じていたからだと思う。

そして、佐野さんも、後悔に色ぬられた哀れな男、ではなく、
「一時でも好きな女といい思いができたことがわが人生の喜び」
というホセの心情を、全身で演じ、歌い上げたからだろう。

エスカミーリョの成田博之さん、可憐な乙女・ミカエラの安藤赴美子さん、
ともに素晴らしく、また他の方々も、そして、佐渡さんの振るオケも、
とてもよかった。
そして今回なによりもよかったのは「席」で(笑)、2階5列め、
言うことなしの満足(*^^* いつもこういう席で観られたら幸せだけどなぁ。
斬新な美しい舞台装置にも感動。
英断的な演出にも目からうろこ。
ブラヴォー!ブラヴォー!



監督・指揮:佐渡裕
演出:ジャン=ルイ・マルティノーティ
装置:ハンス・シャヴェルノホ
衣装:シルヴィ・ド・セゴンザック


2009-07-27 (Mon)

定例会ランチ「エノテカムーロ」

定例会ランチ「エノテカムーロ」

昨日は、はるばる新幹線を使って集まり、ただ「ランチをする」というある意味、究極の極楽贅沢(^^;な某定例会、夏の特別企画会。今回は@名古屋。わかりやすい所ということで、場所は名駅、ミッドランドスクエア4F、エノテカムーロ(イタリアン)季節限定ランチ“アンジェリーナ”2,800円ナリ。カメラは持っていたのだが、撮ることをすっかり忘れていたので、サイトより画像を拝借。ま、こんな感じということで(^^;メニュー...

… 続きを読む

昨日は、はるばる新幹線を使って集まり、ただ「ランチをする」という
ある意味、究極の極楽贅沢(^^;な某定例会、夏の特別企画会。
今回は@名古屋。
わかりやすい所ということで、場所は名駅、ミッドランドスクエア4F、
エノテカムーロ(イタリアン)
季節限定ランチ“アンジェリーナ”2,800円ナリ。

カメラは持っていたのだが、撮ることをすっかり忘れていたので、
サイトより画像を拝借。ま、こんな感じということで(^^;

to_imgimg_stog_image_path4_20090616152752.jpg

メニューは
--------------------------
・本日のシェフのスープ
  ・・・玉ねぎの冷製スープ

・季節の前菜盛り合わせ
  ・・・ カンパチ(だったかな?忘れた)のカルパッチョ、
     オムレツのミネストローネ添え、生ハムの生野菜添え、
     など、など、(記憶おぼろげ、食べたら忘れる人間(^^;     

・自家製フェットチーネ
  ・・・ホワイトアスパラとチーズのクリームソース

・本日の鮮魚"アクアパッツア"
  ・・・スズキ(のような魚だった)と、アサリと、オリーブで。

・フォカッチャ(←ちょっと塩味きつかった)

・自家製ドルチェ盛り合わせ
  ・・・キャラメルのジェラード、桃風味のパンナコッタ

・食後の飲み物
------------------------

ざっくばらんなお店なので、42Fの方のエノテカに比べるとサービスは
イマイチ雑な感じはぬぐえないが、けど、値段的に、ボリューム・味ともに
満足。おなかいっぱいでござる。

この定例会は、ただ会ってしゃべるだけの会だが、毎回盛り上がる。
この週末は、(金)=実家に行って、終日母とだべりまくり、
(土)=オペラ鑑賞、(日)=この定例会・・・と大いに有意義であったが、
さすがに連チャンは体が疲れるようになってきた(^^;
まあ、ここまで生きたら、もう後は面倒なことは置いといて、
できるだけ楽しく毎日送りたいもんだよ。




NoTitle * by ちゃいむ
>まあ、ここまで生きたら、もう後は面倒なことは置いといて、
できるだけ楽しく毎日送りたいもんだよ。

激しく同意ですな^^
オペラもいいねえ。なかなかそういうのを観に行けないなあ。
何だかんだ言ってクラシック好きなのに、あまりナマに接して
いない感じー(汗)。
心の栄養になる?

NoTitle * by 美月
そうそ、問題山積、それでも山積みにしたまま逃げ切るっ!(^^v
できるだけ、きれいなもの、安らかなもの、心温まるもの、優しいもの、
そういうものだけを周辺において生きたいねー。
オペラはいいよぉ~♪
生コンサートもいいよぉ~♪
けどそんなに行けないよぉ~(涙
誰か、心優しいスポンサー、カモーン!


2009-07-22 (Wed)

引越し

引越し

17日、金曜日、義母の引越し。オットと義弟が会社を休み、3人でレンタカーとともに早朝出動。ホームからホームへの引越しなので、大移動ではないから体力的にたいへんなわけではない。実家はそのままである。私は転勤族の妻をしてきたので、引越しには慣れており、むしろファイトがわく方だ。しかし、今回はめっちゃ疲れた。疲れたのは、まずは諸々手続きの煩雑さ。でもまあ、これは時間仕事でやっつければいい。くたびれたのはメ...

… 続きを読む

17日、金曜日、義母の引越し。
オットと義弟が会社を休み、3人でレンタカーとともに早朝出動。
ホームからホームへの引越しなので、大移動ではないから
体力的にたいへんなわけではない。実家はそのままである。
私は転勤族の妻をしてきたので、引越しには慣れており、
むしろファイトがわく方だ。
しかし、今回はめっちゃ疲れた。

疲れたのは、まずは諸々手続きの煩雑さ。
でもまあ、これは時間仕事でやっつければいい。
くたびれたのはメンタルである。

〈以下、愚痴です。スルーしてくださってけっこうです)


Read More

2009-07-16 (Thu)

「扉をたたく人」

「扉をたたく人」

あの9.11から扉を閉ざしたアメリカ。原題は「the Visitor」だが、邦題はその「扉」をたたく人、となっており、たたかれる「扉」は、アメリカであり、人の心であり、社会であり、概念であり、固定観念や人種差別であり、私たちの生の感情である。「扉をたたく人」サイトはこちら(以下ネタバレに関することもあります。ご注意を)妻を亡くし、社会への心の扉を閉じてしまった大学教授のウォルター。「仕事に励んでいるふり」「忙し...

… 続きを読む

あの9.11から扉を閉ざしたアメリカ。
原題は「the Visitor」だが、邦題はその「扉」をたたく人、となっており、
たたかれる「扉」は、アメリカであり、人の心であり、社会であり、
概念であり、固定観念や人種差別であり、私たちの生の感情である。
「扉をたたく人」サイトはこちら


(以下ネタバレに関することもあります。ご注意を)

妻を亡くし、社会への心の扉を閉じてしまった大学教授のウォルター。
「仕事に励んでいるふり」「忙しいふり」「立派な知識人であるふり」
全てに意欲を失った彼には、生きていることもただ無気力な「ふり」の
繰り返し。
ピアニストであった妻の面影を追いつつ、ひとりピアノの練習をする
ウォルター。そのつたない調べが、彼の孤独で危なげな人生を物語る。

学会の仕事でニューヨークにあるアパートに久々に出かけたウォルターは
自分の部屋に見知らぬ若い男女が手違いで住んでいるのに遭遇する。
彼らは移民であり、不法滞在者であった。
シリアからの移民青年タレクからジャンベ(アフリカンドラム)を教わるように
なったウォルターは、次第にその音楽の魅力から、心を開いていく。
アフロビートの快感が、自分を締め付けている様々なものから解き放つ。

tobira_sub4_large.jpg

ところがタレクがある日突然、不法滞在で身柄を拘束され、そのまま
帰れなくなってしまう。
弁護士を頼み、タレクの恋人やタレクの母親とともに、必死に救出を
試みるが、無力な一個人にしかすぎないウォルターにはどうする
こともできない。

どうやって生きていけばよいのか、大海に、宇宙に、たった一人でさまよう
ようだったウォルターが、つかの間に得た友情、新たな心休まる女性との
出会い、そしてエネルギーを充填する音楽、精神の高揚、
それらすべての人生の喜びを、生への意欲を、
国家権力による移民管理という厚い壁が、容赦なく破壊していく。

暴力のようにもぎとられた愛情、もう二度と会うことのできない大切な人々。
ウォルターとタレクも、タレクと恋人も、そしてウォルターとタレクの母親も、
この地球に、同じ時間を生きていながら、飛行機に乗れば確実に会える
距離に生きている人間同士でありながら、もう二度と
その生きている体のぬくもりを、自分の手は確かめることができない。
愛する人のにおいを、息を、声を、もう二度と自分は感じることはできない。

ラストシーン、地下鉄の駅でひとりジャンベを激しくたたくウォルター。
その音も、列車の轟音にかき消されていく。
憤り、怒り、叫び、そして無力感。

tobira_sub2_large.jpg

彼はこの先、どうやって生きていくのか。
どうやって生きていけばいいのか。
彼の孤独が心にしみる。

アメリカは、世界は、社会は、テロリストたちは、私たちは、
これからどう生きていくのだろうか。

ウォルター役のリチャード・ジェンキンスの演技が素晴らしい。
後からジワジワとその表情がよみがえってくる。
単館系作品で、上映館は少ないと思うが、機会があればぜひ観てほしい。
名古屋では伏見ミリオン座にて上映中。


No title * by めーちゃん
大エンダンでないとやだよう、
という私は餓鬼です。

NoTitle * by 美月
演壇?縁談?応援団?・・・??
ごめん~わからないよぉ~(^^;

2009-07-13 (Mon)

鍛える

鍛える

土曜日は、例の健康系委員のボランティアで、骨密度測定会。結果のランクは1~5まであり、1が超グッドで、5がsoバッド。自分も測る。ランク2なり。骨密度は、カルシウムを摂取しただけでは定着せず、適度な付加、そして日光、これがなければ骨にはならない。2はよい結果ではあるけど、昔は1だったので、油断禁物、かも。というわけで、というのでもないけど(^^;ひっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

… 続きを読む

土曜日は、例の健康系委員のボランティアで、骨密度測定会。
結果のランクは1~5まであり、1が超グッドで、5がsoバッド。

自分も測る。ランク2なり。

骨密度は、カルシウムを摂取しただけでは定着せず、適度な付加、
そして日光、これがなければ骨にはならない。
2はよい結果ではあるけど、昔は1だったので、油断禁物、かも。

というわけで、というのでもないけど(^^;
ひっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っさびさ(注:久々)に
スポーツクラブに行き、トレーニングをしてきたぞー。
ま、ストレス発散というねらい、大いにありで(^^v

若いスタッフに「反省して出直します」と誓い、
すっかり忘れてしまったので初心者としてついて指導してもらって、
マシンをいくつかやってきました。
そう、わたくし、改心して、鍛えることにしましたの(^^
目標=ホソマッチョでがんばるぞっ

さて、いつまで続くか・・・
ていうか、明日の筋肉痛がコワイ・・・・(^^;


No title * by ハリママ
目標=ホソマッチョっていいな!
あたしはどう頑張ったってゴリマッチョの方だわ(幅的に)。
人間ドックでの骨密度はOKだけど、
とにかく体を動かすのが嫌いだからこれから先が心配だ!
でもお家大好き。
マシンに興味を持つと必ず頭を打つというトラウマを持つ女より。

No title * by 美月
いや、これから、「ホソ」と「マッチョ」をめざす、という話です(^^;
体を動かすのは大好き♪な人生だったはずが、
だんだんやらないとそのまま…になっていくのでヤバイっす。
フットワークの軽かった頃にもう一度、ということで。

2009-07-10 (Fri)

「STAR TREK」

「STAR TREK」

我ら世代にはなつかしい「スタートレック」、この映画は、そのオリジナルTVシリーズを、「LOST」「クローバー・フィールド」のJ.J.エイブラムス監督がリ・イマジネーションという形で製作したもの。いわゆる“エピソード1”の類だ。「クローバー・F」がわけわからんかったので、あんまり観る気はなかったのだけど、友人が「スタトレ世代は観ておくべき!」と推すので鑑賞となった。映画は時間を遡り、カーク船長やMr.スポックが...

… 続きを読む

我ら世代にはなつかしい「スタートレック」、この映画は、
そのオリジナルTVシリーズを、「LOST」「クローバー・フィールド」の
J.J.エイブラムス監督がリ・イマジネーションという形で製作したもの。
いわゆる“エピソード1”の類だ。

「クローバー・F」がわけわからんかったので、あんまり観る気は
なかったのだけど、友人が「スタトレ世代は観ておくべき!」と
推すので鑑賞となった。

映画は時間を遡り、カーク船長やMr.スポックが生まれる前の時代
から始まる。
「へぇー、そうだったのー」のストーリーが披露され、カーク船長の
お父さんには泣かされるよ~

さて、ものすごく優秀で、宇宙飛行士としての天性の才能に恵まれて
いるカーク少年、しかし、お尻が青くて、やんちゃで、ワルぶっていて、
困った問題児、という設定になっている。
「ポスト・ブラピ」のクリス・パインが演じているが、個人的にはブラピ
ほどの美形ではないとおもった(^^;

このカーク少年が、父の遺志を継ぎ、周囲の期待に答え、見事、
立派なエンタープライズ号の艦長と成長していく物語である。
最初は、そのあまりにバカなやんちゃぶりに「いいかげんにせーよ(怒」
と思わないでもなかったが、だんだん、危機的状況に陥り、それを
天与の智慧と勇気で回避するというシチュエーションになると、さすがに
ひきこまれ、おもしろい。映像もよく出来ていて美しいし、迫力がある。

一方のスポック、このバルカン星人と地球人のハーフである少年は、
自らの内側でせめぎあう「思考」と「感性」の葛藤に悩んでいた。
それを、うまくコントロールして、あの、完成度の高い
「知性の人・Mr.スポック」として成長していくのである。
こちらは、「ヒーローズ」で悪者・ザイラーをクールに演じた
ザッカリー・クイントがやっている。なかなかよろしい。
若き日のスポックを「さもありなん」と彷彿とさせるはまり役だ。

その他、ドクター・マッコイやスコットなど、オールスターズで出てくる。
「カトウ」が、スールーという韓国人になっていたが、
これはこれでグッド。
まあ、ストーリーは想定内ではあるけど、それはそれでおもしろく
楽しめるし、なつかしいし、往年のファン世代はやはり観ておくとよいだろう。
案外、若い層にも受けているようだ。
かえって新鮮なものがあるのかもしれない。
329887view001.jpg

2009-07-09 (Thu)

「愛を読むひと」

「愛を読むひと」

ベストセラー小説「朗読者」(ベルンハルト・シュリンク)の映画化。大戦後のドイツ(1958年)、帰宅途中に具合の悪くなった15歳のマイケルは、年上の女性・ハンナに助けられる。運命的な出会いは、母子ほども年の違うふたりを激しい恋に導く。「本を読んで」と求めるハンナに、マイケルは毎日、愛の物語の数々を読み聞かせる。ハンナの失踪で短い結末を迎えた恋は、8年後、法学生となったマイケルがゼミで傍聴した裁判で思わぬ再...

… 続きを読む

ベストセラー小説「朗読者」(ベルンハルト・シュリンク)の映画化。
大戦後のドイツ(1958年)、帰宅途中に具合の悪くなった15歳の
マイケルは、年上の女性・ハンナに助けられる。
運命的な出会いは、母子ほども年の違うふたりを激しい恋に導く。
「本を読んで」と求めるハンナに、マイケルは毎日、愛の物語の数々を
読み聞かせる。

ハンナの失踪で短い結末を迎えた恋は、8年後、
法学生となったマイケルがゼミで傍聴した裁判で
思わぬ再会を期すのだが・・・

ma_01.jpg


たった一度の恋が、生涯離れられない慕情を刻印することがある。
ほんの一瞬の出会いが、後の人生を大きく支配してしまうことがある。
恋愛が出会った瞬間に始まるものであるということを納得できる人であれば
このふたりの恋は文句なく肯定できるだろうし、涙を止められないだろう。

今もハンナを愛し続けるマイケルは、愛ゆえに、
ハンナを救うことができなかった。
ハンナのプライドと存在そのものをかけた決断を尊重するには、
有罪を受け入れざるをえなかったのだ。
時はすぎ、獄中のハンナに、20年前にベッドで読み聞かせたのと同じように、
朗読のテープを送り続けるマイケル。
「オデュッセイア」「ドクトル・ジバゴ」「犬をつれた奥さん」・・・
壮大な、崇高な、魅惑的な愛の物語の朗読にこめられた
不変の愛のメッセージ。

貧しい暮らしの中でプライド高く、毅然と一人で生きる女性の
30年間の人生をケイト・ウィンスレットが演じ抜いて素晴らしい。
戦争という時の悪魔のなせるわざ、ファシズム、集団心理というものの
無意識下の操作性の恐怖。
そして、貧困層・富裕層という、個人にはいかんともしがたい
絶対的な対比。
そしてなによりも、悲しく美しい愛の物語。

「イングリッシュ・ペイシェント」以来、誰よりも悲しい顔の似合う
知性派二枚目のレイフ・ファインズが、今回もぴったりのはまり役。
その少年期役のブルーノ・ガンツも繊細で瑞々しい静かな演技で
文句なし。

マイケルが、アメリカに、あるものを持って行く、そのシーンが、
なんとも言えず、ほんとに「ああ・・・・」とため息をつかせる、
そういう出色のものとなっている。
絶賛の一作。

スティーブン・ダルドリー:監督


こちら、原作
朗読者 (新潮文庫)朗読者 (新潮文庫)
(2003/05)
ベルンハルト シュリンク

商品詳細を見る



ありがとうございます。 * by 波那
原作が話題になっていたころ、読みそびれた作品です。
映画化されて、どうなんだろうと思っていたので
すごく嬉しかったです。
あのケイト・ウィンスレットもそんな役を演じるように
なったんですね……。

Re: ありがとうございます。 * by 美月
ケイトさん、レオくんと船に乗ってた頃は、りんごのほっぺに脂肪たっぷり…
「あなたが死ねば?」 みたいな(^^;(失礼!) でしたけど(笑
この頃、いいですねー。
「レボリューショナリー・ロード」もすばらしかったし、絶好調ですね。
http://mituki111.blog123.fc2.com/blog-entry-313.html
トシを重ねて魅力の角度と数値が増して、評価されるようになる、
そんな女性はとてもステキ。 うらやましいデス(*^^*
原作、読まれたら、また感想などお聞かせください(^

2009-07-09 (Thu)

「ディア・ドクター」

「ディア・ドクター」

「ゆれる」の西川美和監督の最新作、期待度マックスで臨む。平日の午後の映画館が、久々に完全満席になっている状態を目にした。さすが、西川監督!・・・と思ったが、どうも客層が微妙に違っていて、シニア世代が多い。 これは、鶴瓶師匠効果か?どうやら「いやしの物語」というキャッチにひかれてきた人が多いようだ。さて、作品は、のどかな山と田んぼだけの田舎風景が長回しで続く。どうも、この風景は、好きでない。自分の期...

… 続きを読む

「ゆれる」の西川美和監督の最新作、期待度マックスで臨む。
平日の午後の映画館が、久々に完全満席になっている状態を目にした。
さすが、西川監督!・・・と思ったが、どうも客層が微妙に違っていて、
シニア世代が多い。 これは、鶴瓶師匠効果か?
どうやら「いやしの物語」というキャッチにひかれてきた人が多いようだ。

さて、作品は、のどかな山と田んぼだけの田舎風景が長回しで続く。
どうも、この風景は、好きでない。
自分の期待度が勝手に先走りして、「早く、早く」と先を急く。
鶴瓶さんが、あのテンポでゆっくりとのどかな医療風景を演じていく。
いかん、どうにも、このリズムは合わない。
いつもは「素晴らしい」と感嘆する西川監督の意味深な
長いカットのアップも今日はなんか、自分の気持ちにあわなくて、イラつく。
もういい、アイスクリームを無駄に溶かしてないで、先に行って!
と思ってしまう。

どうも私は、「西川監督なら、また人間の内面を鋭く切り取って、
毒気たっぷりに、これでもか、どうよ、と見せ付けてくれるに違いない」
と期待しすぎていたようだ。
それで、その期待を<直球>で充たしてくれなかったこの作品に、
観終わってフラストレーションが残ったのだ。
正直、「今度はそれほどでもない」とその時は思ってしまった。

が、それからだんだん作品を反芻していくと、後からジワジワと
効いてきた。うーん、やっぱり、なかなか、だったかも。

友人が、駅の刑事と鶴瓶さんのシーンにこだわっていたが、
それを私は「イメージ画像だ」と言ったが、けど、あれはやっぱり
「ゆれる」で、兄役・香川さんがバスに乗ったか、乗らなかったか、
・・・のシーンのような、そういう監督の「どう思う?」という
問いかけのシーンだったかもしれなかったと後から思った。

映画は、山村で、神様のように住民に慕われていた医師が
突然失踪するのである。
医師には、実は大きな秘密があって、それで姿を消したのだ。
人の役にたつ仕事、誰かに求められ、感謝されている自分の姿、
こういうのは、カタルシスをもたらすし、ヒーロー願望も満たす。
そんなキワモノ的なものでなくても、
でもモチベーションにはなる。人に生きる力を与える。
人は誰も、自分の生きている意味、存在の意義を、求め続けている。
それは必ずしも「現実」でなくてもいいのかもしれない。

もうひとつ、作品の大きなテーマとなっていたのが、「親子」の関係。
私は、井川遙さんの娘の役にも自分を投影し、一方で、
八千草薫さんの親の方にも自分を投じて、なんとも心ザワつくものがあり、
居心地悪く、「ほーら、オマエもだろ」と言われてるようで、哀しく、切なく。

家族は、親子は、大切なもの。だけど、じゃまっけなもの。
あたたかなもの。だけど、シビアなもの。
癒される場所。でも、安住できない場所。
そんな中で、生きているのが人間。
そんな場所が、自分の原初。
なんとも根元のあぶなっかしい、基礎工事の不完全な、
そんな不安な存在が自分であることを、誰もが知ってて、なんとか
折り合いをつけている。
「私を許して」「私を認めて」と繰り返しつぶやきながら。

チラシでは「見終った後なんとも温かな気持ちが残る極上の人間ドラマ」
とある。
いやー、そういうのでもないだろうー、とおもふ。
やはり、今回も後味には「毒」が調合されている。

原作の「きのうの神さま」は直木賞候補になっている。


mainVisual.jpg


原作・脚本・監督:西川美和
笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 香川照之 八千草薫 
井川遙 松重豊 岩松了 他





No title * by めーちゃん
うちも釣瓶が出そうな環境です。

不満があるのなら、
芥川候補になるような作品を書いてください。
でね、橋田寿賀子みたいに、キャスティング権もつんです。
あと、なさることは、わかりますね。。。

No title * by 美月
「出そう」って・・・鶴瓶さんは、オバケか・・・?(^^;
いや、不満はありませんよ。
自分勝手な要求が先走りしただけで。
私に書けるわけがありませんもん。

2009-07-08 (Wed)

AED講習会

AED講習会

本日、例の市の健康系の委員会のAED講習会。AEDはここ数年で公衆に行き渡り、日常的にそこここで見かけるようになった。講習会の機会も多いが、しかし、マスターしたからと言って、いざ、という場面で、それを実行できる勇気があるかどうか。AEDそのものは、ガイド音声付なので、そんなに難しいものではない。しかし、心肺蘇生法と同時進行であるから、けっこうたいへんだ。心肺蘇生法は、かつては、[マウスツーマウス2回+心臓マ...

… 続きを読む

本日、例の市の健康系の委員会のAED講習会。
AEDはここ数年で公衆に行き渡り、日常的にそこここで
見かけるようになった。講習会の機会も多いが、
しかし、マスターしたからと言って、いざ、という場面で、
それを実行できる勇気があるかどうか。

AEDそのものは、ガイド音声付なので、そんなに難しいものではない。
しかし、心肺蘇生法と同時進行であるから、けっこうたいへんだ。
心肺蘇生法は、かつては、[マウスツーマウス2回+心臓マッサージ15回]
だったのが、最近では心マッサージは30回になった。
場所も、以前は「みぞおちから指2本」など細かかったのが、
もっと大雑把に「胸の中央」となった。
広くみんなにもっと意欲的に実践してもらいたい、もっと多くの人を助けたい、
という救急医療側の意図が読み取れるようだ。

「1歳の命も、100歳の命も、同じ重さ。できるかぎり多くの命を救いたい」
本日の救急隊の方のお言葉。
頭が下がりますな。かっこいい。
私も、こういうかっこいい職業を選べばよかった(^^v

---以下、本日の素朴な感想---
「胸毛の多い男性は、まずかみそりで剃る。かみそりが入ってなければ
AEDのパッチをはりつけて、バリッとむしりとる」
 むひょ~~~いたそう~~~(^^;
「ワイヤーブラははさみで切り取る」
 もったいないな。倒れるときには高価な下着厳禁?(^^;


No title * by 珈琲党
去年、会社の独身寮でAEDの講習会があり、
その様子を撮影するために行きました。
講習の途中で、いつもと違うメッセージ。
「バッテリーを充電してください」
せっかくの機械も、意外な泣き所がありました。

いつでも使える、という自信は講習の成果ですね。

No title * by めーちゃん
「救命ヒロイン美月」

ドラマ化。
別の通りすがりのおっちゃんが呼んだ
救急隊員がオダギリ。

私も行かなきゃならんと思うのですが、
今度の町報に載ってるでしょうか。
知っておかなきゃならんが、
危ない目に遭う人は出て欲しくないですね。

Re: No title * by 美月
>珈琲党さん

> 講習の途中で、いつもと違うメッセージ。
> 「バッテリーを充電してください」
ナイス・ボケのAEDくんにざぶとん1枚、ですね(笑
アンドロイドの悲劇、でしょうか(^^

> いつでも使える、という自信は講習の成果ですね。
いつでも使える、はず、気持ちさえあれば(^^;
でもできればそういうシチュエーションには遭遇しないで生きたいです~

Re: No title * by 美月
>めーちゃん

> 「救命ヒロイン美月」
このドラマ、気に入った。
特にここが ↓
> 救急隊員がオダギリ。
これは!大ヒットドラマになる予感が!(^^v

> 知っておかなきゃならんが、
> 危ない目に遭う人は出て欲しくないですね。
ですねー。
こればっかりは不測の事態で、どうにもならないですが、願わくば。

2009-07-06 (Mon)

♪茶色の小瓶

♪茶色の小瓶

どんだけぶりやーって感じのアルトサックスお稽古日記。コード練習、♭ふたつ、です。あんまり進んでないな(汗) 先生が「全部の音が均一になるようにまで」というので。そんなん、吹いてるだけで精一杯ですもん。でも、頂上までもう一歩だっ。夏の管は、肉体労働、汗びっしょり。レッスンにちょっとオサレっぽい服を着ていっても、髪までぐっしょりになるので、夏はTシャツにハーフパンツという、体育会系ファッションにかぎる。...

… 続きを読む

どんだけぶりやーって感じのアルトサックスお稽古日記。

コード練習、♭ふたつ、です。
あんまり進んでないな(汗) 
先生が「全部の音が均一になるようにまで」というので。
そんなん、吹いてるだけで精一杯ですもん。
でも、頂上までもう一歩だっ。

夏の管は、肉体労働、汗びっしょり。
レッスンにちょっとオサレっぽい服を着ていっても、髪までぐっしょりに
なるので、夏はTシャツにハーフパンツという、体育会系ファッションにかぎる。
それでも帰りの車のエアコンで風邪ひきそうだもん。
楽器店にもシャワーが欲しいところ。

ただ、先生は涼しい顔なので、単に私の実力不足のなせるところ
であります。
いつか涼しい顔して吹いて、魅了してみたいです。>100年早い

音階練習は、タイプがかわって、
駆け上って、駆け下りるバージョンになりました。
サックスはキイで、A#~C~C~F#(in E♭)まで出るのだけど、
それを全部使って、各調でやる。
汗まみれ。
ピアノだったら簡単なことなのになー(- -;;

曲は相変わらず「ビター・スィート・サンバ」と格闘中。
これ、♭ひとつで始まって、転調→#6つ、になる。
♪ファソラ ファラソファ ソソド ←全部#でさ、キイがあちこちめんどう。
いまだ初心者の域を出ない者にとっては、やはり、汗まみれ。

もう1曲「茶色の小瓶」
グレン・ミラーの、憧れの1曲ですが、
ダブルサックスのアレンジで、私が主を、先生がそれに絡むのだけど、
・・・・絡む音が素晴らしくて、メロディが負ける(^^;>あかんやん

日進月歩のおけいこ。月に行けるのは、いつ?

てことで(?)、
先生に「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」をやりたい!と言ったら、
テナーの楽譜を転調しておいてくれるって。
やーん♪うれちぃーーー(≧∇≦)b

ぐわんばりますっ。


シャワー*^^* * by 波那
>楽器店にもシャワーが欲しいところ。

ここがツボでした*^^*
でもでも、お気持ちわかります。
金管ならすべりそうですし<違?

>先生に「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」をやりたい!と言ったら、
>テナーの楽譜を転調しておいてくれるって。
>やーん♪うれちぃーーー(≧∇≦)b

すごいです……あれを演奏できたらもんのすごく格好いいです。
応援応援/(^○^)/^^^

No title * by 美月
ども(^^v 肉体派の美月です>違

華麗なるわたくしの演奏を、ぜひお聞かせしたいところですが、
残念ながら、・・・ほんっと!ざーんねんですわねー!だはは(^^ゞ

No title * by ちゃいむ
ぐわんばってますな♪
管楽器は、まさに体力勝負だよねえ……
弦楽器だと、まだ体力使うまでのレベル(刻みとか)に
いってないので、それほど汗はかかないよ。
……ただし、自分ちで練習するとサウナ状態だけどさー。
しかし、オケぐらいになるとホント夏は大変そうだ。

ホンマに日進月歩といいたいところだけど、
全然進まないようーーー。
夢のセッションはいつ?(爆)

Re: No title * by 美月
> ぐわんばってますな♪
> 管楽器は、まさに体力勝負だよねえ……
はい。上手さ(レベル)に関係なく、いっぱしに汗だけかいてます(^^;
たぶん、うまくなれば、そんなに体力使わなくていいのでしょう。

> 夢のセッションはいつ?(爆)
いつでもオッケーよー!ウェルカム~!
・・・・と言ってみたい(爆
ベースのお姉さんはどうなんだろ?(^^;

2009-07-06 (Mon)

車いすもネットで

車いすもネットで

ご無沙汰しました。煩雑な諸事にまぎれて、更新サボりました。元気です。義母のホーム引越しを 7/17 に定め、いろいろ、やってます。まず、住民票をここの住所に移動、単身世帯に分割(←諸費用対策)介護保険とか、高齢者健康保険とか、あっちから、こっちへ、市役所でもみっちり時間がかかる。こういうこと、自分の時には誰がしてくれるんだ?と思いつつ。介護が必要になった時の自分が、自分でこれらを出来るとは思えない(^^...

… 続きを読む

ご無沙汰しました。
煩雑な諸事にまぎれて、更新サボりました。元気です。

義母のホーム引越しを 7/17 に定め、いろいろ、やってます。
まず、住民票をここの住所に移動、単身世帯に分割(←諸費用対策)
介護保険とか、高齢者健康保険とか、あっちから、こっちへ、
市役所でもみっちり時間がかかる。
こういうこと、自分の時には誰がしてくれるんだ?と思いつつ。
介護が必要になった時の自分が、自分でこれらを出来るとは思えない(^^;
(某Mはまったくアテにならん気がする。ここはやっぱ、女の子が欲しい)

これまで車いすは、入所していた有料老人ホームで、レンタルしていた。
が、今度は特養であるためなのか、「購入しておいてくださいね」とのこと。
わけわからんまま、市の「介護用品が購入できるリスト」の某所に行ってみると、
やはり、特養に入る場合には、車いす等に介護保険は使えないんだそうな。
(そういう、しくみっていうか、決まり的なものは、まったく無知でわかりません)

で、おススメどころを聞き、カタログをもらって、一時帰宅。
「3割程度のディスカウントで」とのこと。
帰って、ネットで見てみると、やはりこちらが安い。
探せば55%オフなどがいっぱいヒットする。
やっぱ、車いすもネットで買う時代かぁー と思いつつ、
こんなん(安直(アンチョク)っていうか)でいいの?とも思いつつ、
けど、やはり安価という魅力は絶対的強力で、ポチっとしてしまった。

車いすって、ピンキリで、3、4万から始まって、40万を越えるものまである。
あんまり安いのは不安だし、庶民は10万程度だよね、ってことで。
(これの、50%オフです)

でも、これって必需品なのに、介護保険がきかないんだー、と、へぇー、と
「片手落じゃない?」と思いつつ。

しかし、またしてもおもふ。
自分が車いすが必要になった時、こんなふうに誰がネットで
比較検討してくれるのかなぁ。。。
そこはやっぱ、しっかりものの女子が欲しいところ・・・ふあん、だなぁ(^^;

ということで、骨ソショウ症対策、カルシウム摂取、運動と日光、
これに励むとしましょう。

以上、「そういう時代でしょ」という日記でした。



No title * by ハリママ
良かった、元気そうで。
ちゃんとビールの記事には反応してたから心配してないけど(笑)
美月さんの記事を読む度に着実に勉強しています。
もっとどんどん経験してね。 「明日はわが身」…。
女の子を所望とか? 確かに。
でもうちの旦那さんだったらこういうの出来るかも!
やっぱりあたしは旦那さんより早く行こう!
そして美月さんは、「金」でどうこう出来る嫁を探そう!

No title * by 波那
ご無沙汰しています。
車椅子もネット、ですか……時代ですねぇ。
でもほんとうに、これから高齢化社会まちがいないのですから
そういういちいちの手間隙、カンタンにワンストップじゃないと
困っちゃいますよね。
だれかそういうビジネス、してくれないかしら……と思いました。
必需品なのに介護保険外というあたりも、そのモノサシは
どうやって決まるんでしょうね?
案外現場なんて知らないひとが決めてたりして……とほほ
貴重なお話を伺えて嬉しかったです。ありがとうございます。

Re: No title * by 美月
>ハリママへ

> ちゃんとビールの記事には反応してたから心配してないけど(笑)

はい、飲みネタには敏感に反応します(^^v

> でもうちの旦那さんだったらこういうの出来るかも!

そうよね、おたくのダンナサマはこまめそうだもん、
記事を読んでても、あんだけツマへの気遣いが出来るオットはいない!
といつもおもふよ。

> 「金」でどうこう出来る嫁を探そう!

いやいや、Mのヨメさんなんて、そんな奇特な女子がこの世にいるとは
思えませんわ(^^;

Re: No title * by 美月
>はなちゃん

ねー、なんでもネット、時代ですねぇ。
車いすなんてものは、実店舗を構えてても、品揃えを実際に
見せられるものではなく、カタログ販売になるわけなので、
まあ、説明とか聞かせてくれるのはありがたいですが。

介護保険VS車イスの件は、使える点数とかの問題だと思います。
よくわかりません(すんませーん(汗
でも、そもそもお安いものではないので、かつ、
「みんなで使いまわしできる」ものでもないし、
使わずにすめばそれにこしたことはないですね。
   ↑
やっぱ、牛乳でしょ、ってことかな?(^^;

ふたたびのおじゃま。 * by 波那
美月さん、ありがとうございます。
ふたたびおじゃまします*^^*

>でも、そもそもお安いものではないので、かつ、
>「みんなで使いまわしできる」ものでもないし、
>使わずにすめばそれにこしたことはないですね。

たしかにたしかに。
で、ワタシ育児してると連想が働いてしまったのですが
ベビーシート(車の)とか、ベビーカーレンタル(ダ●キン)とか
ありますけど
そのうちもっともっと高齢化社会が進んだら
オサレな車椅子レンタルとか、シェアーとかって
なるんでしょうか……。

杖とか補聴器にはオサレなものができてきたらしいですね。
なんにしても、いろんな制度がもっと
使い勝手がよくなってほしいものですよね。

No title * by 美月
>はなちゃん

車いすのレンタルサービスはあって、
介護保険でも使えるんですけど、点数の制約とかあるみたいで。
そもそも介護保険が難解で、プロでないと使いこなせない。
ま、そこにもビジネスが成立するわけなんですけどね。
とにかく、現時点では、借りるより買う方がお得です。