スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

錦秋名古屋 顔見世

錦秋名古屋 顔見世
10月2日(日)初日 夜の部
日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

一、菅原伝授手習鑑 寺子屋
松王丸:仁左衛門 式部源蔵:染五郎 戸波:梅枝 千代:孝太郎
亀蔵、新悟、松之助

二、英執着獅子
時蔵

三、品川心中
一八:染五郎 おたね:梅枝 おそめ:新悟 六蔵:亀鶴

初日にてきれいどころのおねえさん方や役者さんの奥様方が顔を
揃えて花を添えられる華やかな日、…であるが、間借状態のホール
であるので、…まあ、仕方ない。

「寺小屋」は道真の子をかくまうかつての部下たちが身代わりにわが子を
差し出し、また、罪のない幼子の首を切り、・・・という悲劇の美談であり、
まあ、酷い話であるので、何度観てもいい気持はしない。
しかし、芸達者のみなさんがこれでもかと泣かせてくれるので、人気も高く
繰り返し演じられる人気義太夫狂言である。
江戸時代の日本人の美徳や文化意識が現代では遠いものに思われる。。。

「英執着(はなぶさしゅうちゃく)獅子」
永く絶えていたが、昭和になって振りを復活した、女方が踊る獅子物。
乙女らしい初々しい華やかさとしっとりとした上品な色気の中に、
やがて獅子の狂いを見せて舞納める、晴れやかな美しい舞いを堪能。

「品川心中」
落語を題材にしたユーモアあふれる世話狂言。名古屋初上演。
おっちょこちょいの幇間の一八を染五郎が楽しく演じる。
お金がないし、いっそ死のうか。じゃ、心中する? というのが
笑えて、あ、でもお金くれるの? じゃ、やーめた、というわけで。
こういう軽いのもよろしいね。
最後の後日譚はなくてもよいような感じ。

ニザサマが、さすが、お見事。
ソメちゃんが、本業歌舞伎においても存在感をより増してきた。
若手も育って頼もしいことです。

misonoza_201610fffl_176b2dbaf94badec2cd329bdad519550.jpg




スポンサーサイト

名港水族館

9月27日 名古屋港水族館

水族館 大好きなんです(^^
すごく癒されるんで。自分も水の中にいるような気分で、
浮遊しているうようで、脱力してほゎ~~ん・・・となります。
ずーっとそこでただ魚を見ながらほぇ・・・・・・としていたいです。

IMG_0718 m
いいよねぇ・・・珊瑚が水にそよそよ♪と動いて、
ああ、生きてるんだぁ…と。
うぅ…癒される・・・・

魚の大きな水槽の前で、潜ったような感じになれるアーチの部分で、
ずーっとただ座っているだけで、すごーく幸せな気持ちが満ちる。
生命は確かに水の中から来たんだなあと思ふ。


で、いちばん好きなのが、鯨族のみなさんのエリア。

IMG_0713 m
「癒し」といえば、この方、ゴマフアザラシ(*^^*

IMG_0714 m IMG_0725 m
おかあさんイルカのおっぱいを飲みながらいっしょに泳ぐあかちゃんイルカ

IMG_0712 m
シャチのおかあさんについて泳ぐあかちゃん

IMG_0743 m
愛嬌たっぷりのベルーガ
水槽を見ているとあっちから寄ってきて挨拶してくれる♪

IMG_0747 m
こちらはベルーガの公開トレーニング風景

IMG_0768 m
ベルーガの「モッテコイ」(^^
ちょっとドンくさい(まだ下手くそです)ところが、またかわいい。

IMG_0776 m
「今日はこれでおしまい」と言われ、「やだー、もっとやりたいー」と
ダダをこねるベルーガたち。
ハグしてもらってるコもいた。

太古、オオカミくらいの大きさの四足動物(水陸両生)だった鯨のご先祖。
やがて、陸を捨てて、水に特化した形態になっていった。
前足も後ろ足も退化して、まーるくなって、今のスタイルになった、
・・・・・ということも、すごく長い長い、想像もできないような
悠久の時の流れと、地球の生命力と、生命の神秘と、、、
ひれ伏してしまうしかないほどの大きな感動。
自分自身もその生命の端くれであることの不思議。

イルカのパフォーマンスも、すごく力強くて躍動感に充ち、生き生きとして、
涙ぐんでしまうほど素晴らしかった!
現在、子連れのお母さんイルカがいるので、男子(イルカ)たちがそちらに
気が引かれて、隊列を離れてしまうようなことが起こり、イルカの安全を
第一に考慮して、パフォーマンスの一部を中止します、というアナウンスが
あり、また、3回ある予定のも2回になって、シャチのトレーニングもなし、
というスケジュール変更でしたが、かわいい赤ちゃんイルカのためなら
誰も文句はありまっせん!

また行きたいなぁ。歩いて行ける場所なら、毎日でも行きたいよ(^^v



「ポンペイの壁画展」名古屋

9月23日
名古屋市博物館
「世界遺産 ポンペイの壁画展」

約2000年前、地中海の風光明美な土地に栄えていた町ポンペイは
火山の噴火によって一瞬にして消滅してしまった。
このあまりにも有名な史実は、火山灰に固められて化石となった人々や
その備品等とともに、当時をそのままに地中に保存しており、
貴重な歴史遺産となっているが、
今回はその出土の壁画のみに焦点をあてた展示。

古代ローマの町の邸宅や別荘を美しく彩っていた壁画の数々。
その豪華さ、規模の大きさ、現代に比べてもまったく遜色ない美しい
色彩感覚、表現の豊さ、感性のみずみずしさに目を見張る。

豊富な顔料を惜しげもなくふんだんに使い、広大な邸宅の壁面に
ためらいなく存分に描ききった、大胆というか、おおらかというか。
神話の神々とともに人々が人生を謳歌していた時代。
古代の地中海の美しい街の様子が偲ばれる。
率直に「すごいなぁ・・・・!!」という感嘆。

日本のお寺や神社にも素晴らしい歴史的壁画はたくさんあるが、
あれはもう少し後の時代だね。
しかし、そこに壁があるから、描かずにはおられない、という発想は
同じだなあ。そうやって神々や仏たちと共にあるという喜びを持つ。
人の生命が祝福された素晴らしいものであると実感する。
その感覚は、表現は変わっても現代にも継承されている。

長い長い歴史の人間の営みを思った展示でした。

一方、神話の世界のことなどが、解説を読まないとよくわからない、
というのが毎度の反省点でありまして。
「勉強不足」というのは日々痛感しまくり、後悔しきり。。。
もっと勉強しとけばよかったと思う時すでに脳ミソは老いており・・・


main_img mm



「魔笛」あいちトリエンナーレ2016オペラ

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ
モーツァルト作曲『魔笛』

【指揮】 ガエタノ・デスピノーサ
【演出・美術・照明・衣裳】 勅使川原 三郎

9月17日(土)愛知県芸術劇場 大ホール

毎年この時期にある名古屋発のオペラを楽しみにしている♪
今年は「魔笛」
あまりにも有名なオペラで、好きなオペラランキングなら必ず上位に
入るであろうこの演目だが、今回の演出は新しく個性的なものになっていた。

ダンサーとして著名な勅使川原さんによるもので、バレエが斬新。
東京バレエ団のトップダンサー16人が、人間の内面を描き出すダンスを
終始展開し、演出によっては“楽しいもの”にもなる「魔笛」の、芸術性・
文学性を高めていたと思う(ダンスの好き嫌いはあるだろうが)

そして、ダンサーの佐東利穂子さんが、日本語のナレーションを入れて
進行役を担当していくのも初めてのこと。
(これも好き嫌いはあるだろう。ストーリーがよくわかるとも言えるし、
要らない、邪魔だと思う人もいるだろう)

舞台の大道具は大小の金属のリング(10本くらい)のみ。
あとはダンスと照明で、その場の背景を演出していく。

衣装がとても個性的。
三人の童子は、フワフワにふくれた被り物で登場。
私は「ピッピだ~」と思った。
「カビゴン」だと言う声もあった。
まあ、そういう感じで、かわいい、というか、おかしい♪

モノスタトゥスや弁者・神官なども、上から下までストンとした被り物で
アンドロイドロボを思わせる移動。(歩いているんだけどね)
意表を突く滑稽感。
ディズニ―映画のアリスとか、チョコレート工場とか、そういう感じ。
モノスタトゥスはそこに手だけ巨大で、好色をイメージしているのかな?
賢者ザラストロの移動も滑るもので、こちらは超越感を表しているのか?

夜の女王:高橋維さん、素晴らしい。余裕の高音。
うちのじいやはもっと力強いのが好みだと言ってたが、あの細さ・美しさで
あの声は期待を超える喜び。
ザラストロ:妻屋 秀和さんは言うまでもなく、
タミーノ:鈴木准さん、パミーナ:森谷真理さん、パーフェクト、
他の方たちもみなさん言うことなし。

中でもこの日、いちばん素晴らしかったのが、パパゲーノ:宮本益光さん。
ちょっとオツムの弱い若者の純朴を愛らしく演じ、なおかつ共感を奪って
いった。パパゲーノ、がんばれー!って思った。
で、ついに現れたパパゲーナ:醍醐 園佳さんの、なんて可愛かったこと!

オペラは歌唱力だ、美貌とか若さとかは、いいのよ、という暗黙了解もあるが、
やっぱり、役相応の、若々しい体型と愛らしさを備えていることは
大切だと思う私である。
今回はその点においても期待を上回るものでした。
大満足です。

operaleaflet m

賢者ザラストロ:妻屋 秀和
夜の女王:髙橋 維
王子タミーノ:鈴木 准
王女パミーナ:森谷 真理
鳥刺しパパゲーノ:宮本 益光
弁者&神官Ⅰ:小森 輝彦
恋人パパゲーナ:醍醐 園佳
侍女Ⅰ:北原 瑠美
侍女Ⅱ:磯地 美樹
侍女Ⅲ:丸山 奈津美
従者モノスタトゥス:青栁 素晴
神官Ⅱ:高田 正人
武士Ⅰ:渡邉 公威
武士Ⅱ:小田桐 貴樹
童子Ⅰ:井口 侑奏
童子Ⅱ:森 季子
童子Ⅲ:安藤 千尋

【ダンサー】 佐東 利穂子、東京バレエ団
【合唱】 愛知県芸術劇場合唱団
【管弦楽】 名古屋フィルハーモニー交響楽団


「市村座」2016 名古屋

9月2日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
市村正親ひとり芝居「市村座」

市村正親が全編一人きりで、語り、歌い、踊るエンタテイメントショー。
旗揚げから20年、前回公演から12年ぶりの新作。
今回のテーマは「親と子」

・古典落語の「子別れ」を芝居仕立ての3D落語として披露。
 何を演じても上手い芸達者のひとり全役、
 父と子の、夫婦の、情愛の細やかさにほろりとさせられる名演。

・市村バージョン「エディット・ピアフの生涯」
 シャンソンの珠玉の名曲とともに。

・音楽講談「二世たちのコーラスライン」
 これ、おもしろかった(^0^
 「ミス・サイゴン」のキムとクリスの息子のタム、
 「屋根の上のヴァイオリン弾き」のテヴィエとゴールデの三女チャバ、
 「オペラ座の怪人」のファントムとクリスティ―ヌの息子のグスタフ(?^^)
 (グスタフはオペラ座の怪人の続編とされる「ラブ・ネバー・ダイ」に出てくる)
 三人は2017年1月~のブロードウェイ新作ミュージカルのオーディションを
 受けにくる。
 それぞれか語る、歌う、踊る、おもしろい!

・ラストはお決まりの「俵屋玄蕃」
 三波春夫さんの名曲を高らかに歌い上げると、ファンからのおひねりが宙を舞う。
 飛ぶわ、飛ぶわ(^^ それを黒子のスタッフたちが籠に拾い集める~♪

楽しい2時間でした。
いっちゃん、お体もよさそうで、元気そう。よかったです。
また次回公演も行きたいな♪

 201603070002_ex m

 

「三人でシェイクスピア」劇団鳥獣戯画

8月21日 ウィルあいち ウィルホールにて 午後の部
劇団鳥獣戯画 「三人でシェイクスピア」

ごくらく古典芸能の会の主催で、シェイクスピア没後400年記念公演
ということで、行ってみました。
石丸有里子・ちねんまさふみ・赤星昇一郎、この三人のみで、シェイクスピアの
全作品を、90分間で演じ切る、というもの。
この作品はアメリカをはじめヨーロッパ、南米などでロングラン、
日本では劇団鳥獣戯画が2002年から続けているそうです。

小劇場向けの作品なので、会場がちょっと広すぎる感があったものの、
観客を巻き込んで大笑いの大騒ぎで、あっという間に全作品をドドーッと
つっぱしって演じるという愉快な趣向のもので、楽しい90分を過ごせました。
ただ、シェイクスピアの元作品を知らないとパロディのツボがわからないので、
大人向けの娯楽作品かと思いました。
こういう系は久しぶりだったので、おもしろかったです♪

mtyouzyuugiga 



「内藤ルネ展」

Roots of Kawaii 「内藤ルネ展」~夢をあきらめないで~
名古屋栄三越にて 8/10~8/22

女の子ならみんな憧れたルネさんの描く少女。
極端にデフォルメにされた、明るくて、おしゃれで、愛らしい姿。
もうすごーくかわいい♡♡
ルネさんの作品が見放題の素晴らしい企画展、かつての少女たちが
大勢詰めかけていました。
ご本人がカミングアウトされていることだけど「薔薇族」の方は刺激的な独特の
美意識の世界を存分に展開されておりまして、、、でした。

お土産を買うと、その一つに一つずつ、ルネ展紙バッグをつけてくれるという
大サービス。これが欲しくてハンカチとか買っちゃった(^^


パネルの方は写真可ということで、カワイイからいっぱいのせちゃいましょ♪

IMG_0695 2 IMG_0696 2

IMG_0697 2 IMG_0700 2

IMG_0698 2 IMG_0699 2






名古屋KITTE

7月5日
友人たちとランチ。
最近新しい高層ビルがどんどん建てられている名駅エリア。
その中のひとつ、JPタワー、KITTEに行こうということで。
その前に聞いていたところによれば、東京KITTEに比べて
名古屋はイマイチかな、とのことだったが、行ってみて
なるほど、こういう感じね、と思った。
B1にレストラン街があり、たくさんのお店がところ狭しと並んでいる。
昼食時はまさに大混乱の体。
なんか全部がごちゃごちゃしてて、入ってみようという気持ちになれず、
もちろん11時すぎですでにどこも満席だったので、入るには待たなければ
ならなかったし、こりゃダメだ…と。で、上へ。
2階には雑貨などのお店が数店あり、3階にはレストランが和・伊・中と3つ。

イタリアンは「今満席になったところで、90分ほど待ち」とのこと。
となりの中華に行くと「最後の一席」とのことで、迷わずここに決定。

中国料理 東天紅
ここ、正解だった。
味よし、メニューよし、値段よし、サービスよし、雰囲気よし(^^
紹興酒が何種類もあり、お店おすすめのものにした。とても美味でした♡

IMG_0683 2

↑その美味なる紹興酒とオードブル。
写真がへたくそで野菜しか写ってないなあ(--;
しかも2ヶ月も前のことで、メニュー詳細は忘れてしもうたデス。

イタリアンの方もいい感じだったので、次回はそこも行ってみたい。
もちろん予約して。KITTEはゆっくりするなら3階へ。


8月のtopics

昨日は全米で錦織くんがマリーに勝利し、朝からみんなで大興奮。
すごいなー!すごいぞ、あっぱれ!!
「ワクワクして待ちきれなかった」というコメントを聞き、そういえば
そういう気持ち、もうずーっと持ってなかったなぁ…と思った。
待ちきれないワクワク感で明日の準備をする、そんな時をまた持てたら、
どんなに素晴らしいだろう。


●応援
というわけで、スポーツ観戦大好きなので、8月はリオオリンピック他
放送も多く、感動の日々だった。
錦織くんは銅メダルだったし♪
しかし衛星技術の進歩によって何でもリアルタイムでTV放送してくれるので
睡眠不足に気をつけるべし、である。


●占い
友だちのお友だちが占いの先生なんだってことで、みてもらった。
以前、かなり低迷していた時期に、ある名の知れた先生にみてもらって
こてんぱてんに言われ、こりごりし、もう二度と占いには近づくべからず、
と決めていたのだが、すごくいい先生だよ、ということで、チャレンジ。
言われたことは、根本的には「こりごり」の時と同じなのだが、見方によって
こうも違うアドバイスになるのね、という、素晴らしい見本になるようなもの
だった。

私って、主婦じゃなくて、「人の役にたつことで、へぇ~と尊敬されるような
仕事」をするとよかったんだって。一番向いてるのは「政治家」(-O-)
いや、むりです。資本も能力もありません(^^;;
「ボランティアでも、他にもできることはたくさんあるはず」と言われ、
しばらくの間、ふーん・・・・・・と思っていたけど、まあ、こういうのは
即刻行動できるものでもないし。と言ってる間に人生終わるのだけど(^^;


●ポケモンGo
賛否両論のこのゲームですが、毎日のウォーキングのモチベーションに
なるので、取り入れてみました。
近くに立派な総合運動公園があって、そこに出かけて、30~40分、
夫婦で夕方歩きながら、ポケモン拾いに通いまして。
じいやは自然にかなりダイエットしたらしい。

この公園は、本格的なトレーニングをしている人は競技用トラックのある
内側に、他の歩きやジョギングの人はその外側で、という棲み分けが
されている。
車も自転車もおらず、人のみ(わんこや子供・ご老人を含む)なので、
迷惑にならないようにやってる人がたくさんいる。
そもそも本格的に対戦などをする気持ちはなく、ただ図鑑を充実させて
喜んでいるだけの似非トレーナーなのだけど、ま、ごめんなさい、てことで。

しかし、9月になり、急に日没が早くなった。じいやが帰宅する頃には
暗くなってしまうので、この先はあまり行けそうにないな。


●8月のケーキ
IMG_0686 2
右の丸ごとの桃のコンポートがとてもおいしい♡
芯をくりぬいて、そこにカスタードと生クリームがつめてある♪
真ん中は桃のタルト。左はフィグのタルト。



7月のtopics

あまりにも長く夏休みにしすぎたので、再開にあたり、
ざっと7月まとめ。

●人間ドック
恒例。別名:夫婦で反省する日。

昨年再検査にされたので今年は最初から胃カメラにした。
やはり、胃の中にヘビをのみこんでしまったような、それがのみこんでしまう
こともできず、かと言って吐き出すこともできず、というような、この胃カメラの
言いようのない不快感はがまんのしようがない。
しかし今年の先生は優しく、「緊張しないように、いっしょに見ようね」と促して
下さったので画面を見ながら、よくあるTVの健康番組を見ているような、
自分の胃の話ではないような感じで、昨年よりはましだった。
やはりポリープは入口あたりに群生しており、底部には慢性胃炎がある。
ピロリ菌はいなかったのになぜだろうねー?と言われつつ、ま、前年組織検査
したのだから、今年はいいでしょう、また来年ね、ってことになった。

他の検査結果は、私はすべてOK、◎
じいやは、酒のみすぎだよー、脂っこいものたべすぎだよー、塩分とりすぎだよー、
運動不足だよー、って結果(←その通りなのだから当然)


●ムカデ怖い
隣りの空き地に建売を2件建てるとて、造成工事をしており、土地を掘り返したり、
埋め立てたり、かまびすしいことかぎりなしだった。
そのせいで、我が家に避難してきたと思われる、10センチ越えの巨大ムカデくん。
彼が2階の部屋でまったりしていたところへ、灯りもつけずに私が入室。
びっくりしたムカデくんは、思わず噛みついた、というわけで。
何が起こったのか、一瞬わからず、ビリッと衝撃が腕にあって、
何がぶら下がってるーー(汗・怖)と思って振り落したら、でっかいムカデ。

水曜の深夜だったので、もう病院にも行けず、かといって救急車というわけにも
いかず、一晩中、激痛にのたうちまわった。
翌日は木曜休診で、薬局でステロイドの塗り薬を買ってきて、なんとかしのいだ。
すごく腫れて、痛くて、かつてない苦しみだった。
一週間ほどしてから、ぶりかえしの痒みにも襲われた。

冷やしたのが間違いだったらしい。ネットによれば、熱いお湯をかけると
よかったのだらしい。そんなこと、普通は知らない。
ムカデくんはじいやにドラゴンボールにされて、ゴミに出されて昇天。


●外壁リフォーム工事
これは疲れた。たいへんだった。
3週間、閉塞感に負けそうだった。
朝早くから職人さんたちが来られるので、それまでに家事をそれなりに
片付けて・・・・と緊張した毎日。
常に周りに誰かいるし、締め出されること、閉じ込められることも。
「いつでも言ってくださいね」と言って下さるが、こっちは家の中なので、
どこで仕事しておられるのかわからないんだもん、言えないよ。

でも見違えるほどきれいになった。
やっぱ、やるべきものはやるべき時にやるべきなんだと思った。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。